大阪の美術館あれこれ

五感を研ぎ澄ます…
東京・大阪・名古屋・福岡などの主要都市はもちろん、その他のエリアの情報も揃っています!希望条件にあった会議室がみつからないと諦めてしまう前に会議室ナビで貸し会議室を探してみて下さい!

大阪モノレール美術館

『大阪モノレール美術館』

『大阪モノレール美術館』は、大阪モノレールの駅々にあるミニ美術館です。1990年~2001年に大阪府立現代美術センターの主催で開催された世界的規模の現代美術コンクール「大阪トリエンナーレ」の入賞作(買い上げ)および企業・団体・個人から寄贈された作品などで構成される大阪府現代美術コレクションのうち、耐久性、安全性などの観点もふくめたパブリックスペースに相応しい彫刻作品を選択し、大阪モノレールの駅のうち、新しく開業した彩都西駅と豊川駅以外の16駅の各駅構内に展示し、一般に公開しています。彩都西駅と豊川駅については今後新たな作品を確保できた場合は展示することになっています。基本的には改札内のコンコースに展示されていますが、大阪空港駅のみ改札外に展示されています。

アートの秋
敷金・礼金不要のゼロゼロ物件、株式会社シンタクでもお取り扱いしております。 初期費用を少しでも抑えたい、急ぎで引っ越しを決めてしまったのでなんとかしなければ、そう考えているなら弊社まで。 詳しい情報、お伝え致します。 こちらからどうぞ⇒西船橋 ゼロゼロ物件 賃貸

『大阪モノレール美術館』概要

大阪モノレール美術館は、大阪府20世紀美術コレクションの中から選ばれた彫刻コレクションを、大阪モノレールの駅舎内空間スペース内に展示し、広く一般の人にも鑑賞して出来るよう、大阪モノレールの豊川駅・彩都西駅を除く16駅で、公開展示しています。

『大阪モノレール美術館』主な展示作品

『大阪モノレール美術館』の主な展示作品をまとめてみました。

  • 大阪空港駅 - 「林檎の惑星-92」吉田和央(日本)、「鉄のための装置1,2」田邊朗、「京空間B」清水九兵衛
  • 蛍池駅 - 「大勝利ツアー(発展途上の発明シリーズ)」エルナン・プエルマ(チリ) 、「畫90-2」白徹朱(韓国)
  • 柴原駅 - 「標本A 」「標本B」「Dish」「手」森口宏一(日本)
  • 少路駅 - 「ケースの場合A」「ケースの場合B」「風景」森口宏一
  • 千里中央駅 - 「煙りのように 」デイヴィッド・ウィルソン(イギリス) 、「立ち上がる構造」ゼンナーロ(イタリア)
  • 山田駅 - 「暗い雲」森口宏一
  • 万博記念公園駅 - 「韻律と理由」ダニエル・バレット(アイルランド) 、「空中の使者」オダ・マサユキ(日本)、「使者」アントニーン・スティブーレック(チェコ)、「起立する卵」タワッチャイ・パントゥサワット(タイ) 、「ケツァルコアトル」セバスチャン(メキシコ)、「マヤバン」レイヨ・ヨハニ・パービライネン(フィンランド) 、「幸福の門1」チェ・ソクホ(韓国)、「FIGURE A」清水九兵衛
  • 宇野辺駅 - 「FIGURE-9」清水九兵衛
  • 南茨木駅 - 「ひねくれたプログラム」池田丈一(日本)
  • 沢良宜駅 - 「水の中でバチャバチャ」下次正一(日本)、「寺院の魂」ジャン・デュピュイ(フランス)
  • 摂津駅 - 「創造力の箱 I 」吉田和央、「ビジョン」アナーヘ・スミス(ブラジル)
  • 南摂津駅 - 「資本家(政治家シリーズ)」エルナン・プエルマ(チリ)
  • 大日駅 - 「われわれは歩き続ける、そして」エスカローナ(ベネズエラ)、「阿」小田信夫(日本) 、「隆起する波」トム・C・オール(アメリカ)
  • 門真市駅 - 「CORRESPONDING FORM1」清水九兵衛、「精霊」ジンクベ(ベナン)
  • 宇野辺駅 - 「結び付き」カルロス・デスプラデル(ドミニカ共和国)
  • 阪大病院前駅 - 「白い円」ジョージ・シュガーマン(アメリカ)
  • 公園東口駅 - 「航海」小泉俊巳(日本)、「戦争の亡霊」バシェンカ・バーバラ・シコラ(オーストラリア)、「作品 E」清水九兵衛

りんくう現代美術空間

『りんくう現代美術空間』はりんくうタウン駅の近くのワシントンホテル内にある大阪府が運営する現代美術館で、モダンでお洒落な美術作品が展示されていました。電車の待ち合わせ時間などで、ちょっと立ち寄ってみるのにお勧めのスポットで大阪府現代美術コレクションの所蔵品を公開していましたが、経費削減のため、平成20年末に閉鎖され、現在は大阪府所有の美術作品の収蔵庫としてのみ利用されています。

開館当時の概要

  • 所在地:泉佐野市りんくう往来北1-7 関西エアーポートワシントンホテル内
  • 入場料:無料
  • 開館時間:11:00~18:00
  • 休館日:火、水、月末の木曜日。年末年始。
  • アクセス:JR西日本・南海電車 りんくうタウン

りんくうタウン

りんくう現代美術空間があったりんくうタウンについてまとめました。りんくうタウンは、関西国際空港の開業に合わせて、大阪府などによって対岸の海岸線沿いに開発された副都心。公園、緑地、道路等を含めた総面積は318.4haで、うち129.7haの産業用地は、商業業務、流通・製造・加工、住宅関連、空港関連産業、工業団地の5つのゾーンに分かれています。名称の由来は沖合の「空」港を「臨」む(臨空)対岸地区であることから来ています。

沿革

  • 1978年(昭和53年) - 関西新空港(当時)対岸の埋め立てについて検討を開始。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 計画素案を公表。
  • 1985年(昭和60年) - 南大阪湾岸整備事業計画をとりまとめ決定。
  • 1986年(昭和61年)12月 - 土地利用計画委員会設置。
  • 1987年(昭和62年)1月 - 公有水面埋立法に基づき、埋立免許を取得。
  • 1987年(昭和62年)3月 - 護岸工事着手。
  • 1987年(昭和62年)6月 - 愛称を「りんくうタウン」に決定。
  • 1987年(昭和62年)12月 - ロイヤルホテルが地上35階の高層ホテル計画を発表、以後、1990年(平成2年)頃まで幾つかの大企業が進出計画を発表。
  • 1988年(昭和63年)1月 - 埋立工事着手。
  • 1990年(平成2年)10月 - 商業業務ゾーン15区画の進出企業決定。
  • 1991年(平成3年) - バブル景気の収束が明らかとなり、大阪府が商業業務ゾーンの着工見直し先送りに応じる。
  • 1992年(平成4年) - 流通・製造・加工ゾーン、および空港関連産業ゾーン立地企業決定。
  • 1993年(平成5年) - 以後、当初計画より大幅にスローダウンしつつも、公共施設、流通ゾーン等を中心に利用率を高めていく。
  • 2003年(平成15年)4月 - 事業用定期借地権方式の本格導入、貸付料減額制度の創設。
  • 2012年(平成24年)3月 - 「りんくうタウンのさらなる活性化に向けたまちづくり戦略プラン」を策定。
絵画教室に通いませんか?
2013 大阪の美術館あれこれ
大阪府立現代美術センター 大阪市立東洋陶磁美術館 和泉市久保惣記念美術館 湯木美術館 逸翁美術館
藤田美術館 国立国際美術館 大阪モノレール美術館 サントリーミュージアム 大阪市立美術館